母の日に贈りたい花

今回母の日に贈って喜ばれるお花をピックアップしてみました。母の日と言ってやはり、一番最初にイメージするのは、カーネーションです。

カーネーションの共通の花言葉は、「純粋な愛情」です。定番の赤色は「母への愛」とも言われていますので、まさに、母の日にピッタリのお花です。

可愛らしいピンクは「感謝、上品、美しい仕草」、紫のカーネーションは、「気品、誇り」、最近では、青いカーネーションというものもあり、「永遠の幸福」という花言葉の意味が込められています。一方では、黄色のカーネーションは「軽蔑、嫉妬」という花言葉の意味を持っているので、ちょっと注意をしてください。

【母の日カーネーション鉢(赤)】なら、確実にお母さんに感謝の気持ちを伝えてくれるでしょう。価格 2,376円(税込)。

【バラ】

女性の人たちは、とてもバラに対しての憧れを持っています。それはお母さんも同じではないでしょうか。赤色のバラは「情熱」、ピンクは「上品、輝かしい」、オレンジは「絆、信頼」と言った花言葉があります。

更に多弁のバラは「誇り」、一重は「静かな愛」、トゲのないバラは「誠意」と言った意味があります。

母の日に、バラを贈って、花言葉の意味もしっかりとお母さんに届けましょう。

【バラ 薔薇 デュマン】は、女性に人気のブルーのお花を取り入れたやさしい感じのアレンジメントフラワーです。価格 3,240円(税込)。

【アジサイ】

アジサイがとても綺麗な時期なので、お母さんにアジサイを贈るというのも方法です。赤紫色のアジサイには「元気な女性」という花言葉があります。 そんなアジサイには、「移り気」という花言葉もあるようなので、結婚式などでは一部敬遠される傾向は未だあるようですが(丸くて可愛いボリュームも出るアジサイはブーケとの相性もよく、最近の結婚式ではアジサイを使った演出も見かけることも多くなりました)、とにかく、「家族団欒」という意味もあって、母の日には注目されているお花の一つです。

白色のアジサイの花言葉は「寛容」です。ガクアジサイの花言葉は、「謙虚」です。日本にもともとあったアジサイの原種は青色のガクアジサイです。まさに、和の佇まいに合うのは、このようなアジサイです。

【アジサイ『ピンクアナベル』 10.5cmポット苗】は、手毬状の花は柔らかなイメージで、とても鮮やかなピンクです。暑さや寒さに強く、育てやすいのもメリットです。

お母さんの好みを知って、お気に入りのお花をプレゼントしてあげてください。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/koikko/h-07.html?sc_i=shp_pc_catelist_itemlist_shsr_title

https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/koikko_h-07

https://store.shopping.yahoo.co.jp/webflora/200yu1sm-dhuman030a0.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title

https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/webflora_200yu1sm-dhuman030a0

https://store.shopping.yahoo.co.jp/produce87/h-087.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title

https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/produce87_h-087