おすすめインカムレンタルショップ

2018年6月9日

インカムとは

最近いろいろな用途でインカムを求めている人たちがいますが、インカムがどのようなモノを言うのかまだまだわからないという人たちもいます。 いまバイクにインカムをつけたいという人たちもかなり多くいます。

【インカムとは……】

インカム、そしてトランシーバーを区別している記事も多く見かけることがありますが、それを見てしまうと混乱してしまうことがあるので、敢えて最初にみなさんに理解して欲しいのは、全部同じものでありそれらは「無線機」のことです。
例えば飲食業では「インカム」、イベント業では「シーバー」など、業界によって呼び方が違うケースがあります。

無線機には大きく分類して、特定小電力トランシーバー、業務用無線機、MCAやJSMRなどの広域用無線に分けることができます。

特定小電力トランシーバーは、レストラン、式場、小規模のイベントなどで使用することができ、おおかたインカムはこのジャンルに含まれます。

業務用無線機の場合は、電波の出力が大きく、約1~3km程度の範囲で使用出来用途も大きくなりますが、利用するときには免許の申請が必要となります。

更にMCA、JSMRと言ったものは、県全体や県をまたぐような広域で使用出来るようなタイプです。これも使用する人たちは免許取得が必要です。

【携帯と、インカムの違い】

一般的に携帯電話を私用している人たちは、インカムと、携帯電話の違いもなかなか明確でない可能性があります。果たして、インカムを携帯電話のようなモノと言ってしまっていいのでしょうか。

多くの人たちが、携帯電話でこと済ますことなく、インカムを使用する理由は、複数の人に同時に音声を伝えることができる点です。やはり、業務においては、そのような用途が求められることがあります。

さらに、インカムを使用すれば、ワンプッシュで繋げることができ番号を押したり、呼び出しを待ったりという時間のロスがないので、スピーディーに対応をすることができます。

そして、インカムを業務で使いたい理由は、インカムには、必要なのは初期費用のみで、通信費はかからない点です。

もしも、震災が起こった場合には、携帯電話よりも、インカムのほうが、連絡手段として大いに活躍出来るシーンもあるでしょう。

ひとつの要素では、携帯電話のほうがまだ便利かもという思い方をしてしまうかもしれませんが、いろいろな複数の要素で、確実にインカムが求められているシーンが存在します。

それは、業務のシーンだけでなく、バイクのシーンや、さらに、いろいろ趣味の分野でも使用できるモノです。
【ハンズフリーで使用したい】

もっと便利にインカムを使用したいと思えば、やっぱりハンズフリーで使用したいという思いも起こるのではないでしょうか。インカムは実際にそのような使い方は可能なのでしょうか。

それはもちろん可能であり、既に、多くの人たちがそのような使い方をして、より充実した使用の仕方をしています。

「同時通話機能」や「VOX機能」付きの無線機に、ヘッドセットをオプションで選択してください。