Search
Search Menu

ロエベってメンズ財布もあるの?

-ロエベってなに?-

最近登場するようになったロエベと呼ばれるブランド。あまり馴染みのない人もいるかとは思いますが、女性の間ではバッグブランドとして注目されています。

そんなロエベは実は男性用のアイテムも豊富に生産しており、メンズ財布などは非常に人気があるんですね。

ロエベは、スペインのブランドの皮革製品で、1996年にルイ・ヴィトンなどに代表されるLVMHグループ傘下となったブランドなので正式に言えばルイヴィトンのグループということになります。

今回はそんなロエベの魅力についてご紹介します。

-ロエベの歴史について-

1846年、ルーツとなる皮革工房が数人のスペイン人職人によってマドリード市内に開かれます。

1872年、エンリケ・ロエベ・ロスバーグはドイツの職人でしたが、マドリードを訪れてこの工房を見学、その職人達の技術、そして素材や品質の高さに驚き、パートナーとして工房で働く事になり、その製品は、スペイン貴族達の注目を集めることになります。

1892年、店舗併設型の工房であるE.ロエベブティックを、マドリードの流行の先端であるプリンシペ通りに開設します。

製品全てにレザーグッズファクトリーというエンブレムを婦人用ハンドバッグの製作もスタートさせることになるロエベ。

1905年になるとコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、高品質でデザイン性に優れるロエベの製品は、王室御用達となります。

1950年代からは、様々な国の貴族がロエベに訪れるようになり、グラン・ビア店のゲストブックには、当時のモナコ王妃であったグレース・ケリー名が記されています。

1959年には、マドリード市内のセラーノ通りにブティックをオープンしますが、この店舗の建設にはスペインでも最も権威のある建築家、ハビエル・カルバハルが携わっており、当時のスペインでは馴染みの薄かったスカンジナビアスタイルと呼ばれる内装と外装にコントラストを効かせた店舗コンセプトが、アバンギャルドなブランドといった新たなロエベの評価を得るきっかけとなっていきます。

1983年からは、紳士向けのメンズ・プレタポルテを展開、初の紳士物専門ブティックがマドリードにオープンしたのは1987年。その2年前、1985年にルイ・ヴィトンと販売契約を締結。

海外初のブティックをオープンは1989年、パリのアヴェニュー・モンテーニュでした。

1996年には、LVMHグループの傘下に入り、レザー製品とプレタポルテの2分野を中心に事業展開を進めているロエベですが、メンズ財布などの男性アイテムも生産しています。